改元に伴う町の文書の取り扱いについて

お知らせ

 平成31年4月1日付で元号を改める政令が公布され、今年の5月1日から元号が「令和」に改められることを受けて、改元に伴う町の文書の取り扱いについては次のとおりとしますので、町民の皆様のご理解とご協力をお願いいたします。
改元日前(4月30日)まで
 平成31年4月30日までに、町が発送する文書に、元号を用いて5月1日以降の年・日付を表示する場合は、次のとおりとします。
(1)法令等に基づく処分、契約、補助金等の文書は「平成」を使用
(2)講演会や会議の告知などの一般的な案内は「令和」を使用

改元日(5月1日)以降
 新元号が施行される5月1日以降に、町が発送する文書に、元号を用いて5月1日以降の年・日付を表示する場合は、原則として「令和」を用いることとします。
 ただし、事務処理の時期の関係等から将来の年度及び日付を「平成」で表記している文書につきましては、新元号である「令和」の応当日に読み替えていただきますようお願いいたします。
 また、新元号の初年は、「元年」と表記することを原則としますが、領収日等の表示は「元」ではなく「1」と表示する場合があります。

「平成」による表記の効力
 現行の条例、規則及び規程等のほか、既に施行した契約、許可、証明等の文書で、5月1日以降の日付を「平成」により表示しているものは、改元後もその法律上の効力は変わりませんので、有効なものとして取り扱われます。

5月1日以降に町に提出する届出書等について
 町に提出する届出書や申請書等で、日付の記入欄などに「平成」と印刷されている用紙をお持ちの場合は、5月1日以降は、お手数でも手書き等により「平成」に二重線を引き、「令和」へ訂正してご使用いただきますようご協力をお願いいたします。(訂正印は不要です。)
このページの情報に関するお問い合わせ先
標津町TEL:0153-82-2131