町の概況

 標津町は北海道の最東端、根室支庁管内の中心部に位置しています。本町を中心にちょうど両腕を出すように、左手に日本最後の秘境といわれる知床半島が、右手にはノサップ岬を先端とする根室半島が延びています。正面はオホーツク海に面し、洋上わずか24km先には近くて遠い島国後島が、その大きな姿を見せています。
 また、日本一の砂嘴(海岸から沖に出た砂の陸地)野付半島が本町を基部として延びているほか、背後に広大な牧場が広がる根釧原野を擁するなど、本町は風光明媚な地です。

面積・地形・人口

 町の面積は624.68平方キロメートルで、そのうち森林面積が428.60平方キロメートルと約69%を占めています。
 地形は知床連山からオホーツク海に緩慢な傾斜をもって広がる原野で、中央部を標津川が悠々と流れています。(面積は東京都23区(626.70平方キロメートル)とほぼ同じです。)
 人口は昭和40年8,051人(国勢調査)をピークに減少を続け、平成27年には5,243人(国勢調査)となっています。さらに現在は、全国的傾向である出生率の低下や官公署の統廃合、若年層の流出などにより、住民基本台帳では5,300人前後の状況が続いています。

まちの生い立ち

 本町は、明治12年に標津外6ヶ村戸長役場が置かれたことに始まり、大正12年に戸長役場を標津村役場と改称しました。その後、昭和21年に中標津村が分村し、昭和33年に町制が施行されました。そして、平成30年に139年を迎え、今に至っています。

豊かな森林の恩恵を受け、発展してきた酪農と漁業

 標津町は古くからサケを中心とする漁業により開けたまちである一方、明治時代後半から大正時代にかけて、入植者により開拓されました。そして、現在でも豊かな海と大地を生かした「生産の町」として発展してきました。最近の国際情勢や国内経済の動向を受けて、第一次産業は厳しい経営環境にあるものの、これらの問題や厳しい自然条件を克服し、漁業・酪農業とも比較的安定した経営を続けています。
 「シベツ」の語源はアイヌ語で「サケのいるところ、大川、または本流」の意味です。
 早くからサケ・マス、ホタテ等の増殖事業に取り組み、秋サケの水揚げは日本一を誇るまでになっています。より安定的な漁業経営を行うため、周年操業体制の確立を目標として、栽培漁業をいっそう推進しています。(数値は平成27年)
  • サケ漁獲量 約4,114t(約137万尾)
  • 漁業生産高 約37億円(サケ生産高約19億円)
  • 漁家数 216戸
 標津川流域は、その母なる川がもたらした広大で肥沃な大地が広がり、大型酪農を営む基盤となっています。家畜糞尿を最大限に活用した資源循環型酪農(有機低コスト酪農)を目標として、クリーンで低コストの酪農を推進しています。(数値は平成26年)
  • 乳牛飼養頭数 約20,506頭(人口の約3.8倍)
  • 農地面積 約11,416ha(一戸当り76.1ha)
  • 酪農生産額(牛乳販売額・個体販売額) 約101億円
  • 農家数 150戸
 これら標津町の基幹産業と住民生活を支える森林はかけがえのない財産です。多くのサケ・マス増殖河川、耕地を守り、住民生活に潤いとやすらぎをもたらしています。標津町ではこれからも多くの公益的機能をもつ森林を積極的に守り育てていきます。
このページの情報に関するお問い合わせ先
標津町TEL:0153-82-2131