1.和名 ケガニ
2.科目
3.学名
4.地方名
5.アイヌ語名
6.英名
7.ロシア名
8形態・生態
名前の由来は全面に剛毛があるためである。英語名でも直訳してhair crabという。主 な生産地では昭和10年頃から缶詰が盛んに作られていたが、昭和40年頃から煮ガニ・ 活ガニへ移り、今では高級品になった。標津では4〜6月の試験操業で僅かに1t程度 の水揚げしかなく、生息数は少ないと思われる。

分布・生態
寒海性のカニで日本海・小名浜より北の太平洋・北海道・樺太・千島列島・カムチャ ッカ・アリューシャン列島などに生息する。一般に水深150m以浅に広く分布し、交尾 期には20〜50mの浅海域に移動する。交尾は秋〜冬で、この後9〜15ヶ月後の10〜 3月に産卵期を迎える。しかし、産卵して(外子になって)から、さらに約1年半卵を 抱いた後の3〜4月に漸く孵化するのである。従って、交尾してから約2年半経たない と子供は生まれないし、雌はこの間脱皮できない。よって、成熟した雌の脱皮は3年に 一回となるのである。雄は5歳の87mmの甲長になると脱皮は2年に1度である。  成長は2歳で43〜45mm、3歳で53〜57mmの甲長になり、雄が雌より大きい。そ の後の雌の成長は不明であるが、雄の4歳で72mm、5歳が87mm、7歳が 103mmと成 長する。
9.利用
資源状態
標津では不明だが、北海道全体としては非常に低水準である。漁業者は漁獲許容量の 遵守や雌ガニや甲長8cm未満の小さなカニを獲らないようにして、資源の保護に努め ている。近年は需要が多いことから、ロシアなどからの輸入が大変増えてきている。
10.メッセージ

11.写真・図版

引用:原色日本大型甲殻類図鑑(U)
12.参考図書 北海道水産林務部資源管理課(刊)(1999):北海道水産資源管理マニュアル.
阿部晃治:ケガニ資源.水産技術と経営
原色日本大型甲殻類図鑑(U) 保育社 昭和58年
13.著者 筆者名 : 中尾博己
連絡先 : 根室支庁 根室北部地区水産技術普及指導所 01538-2-3738
電子メール : 
執筆日 : 2000/01/24
標津町百科事典 / 博物誌 / 海洋生物 / 水産動物の生態 / ケガニ /
標津町 (c) copyrights 2000, Town of Shibetu. All rights reserved.