1.地名 茶志骨
2.読み チャシコツ
3.解説
根室地方中部、東は根室海峡に面し、標津川下流右岸。地名はアイヌ語のチャシコツ(砦跡の意)に由来する(北海道蝦夷語地名解)。

〔近世〕チャシコツ
江戸期から見える地名。江戸期から見える地名。東蝦夷地、はじめアツケシ場所、のちキイタツプ場所を経てネモロ場所のうち。郷帳類には見えない。チャシコツ川(別称チプルー、コイトイ川)沿いにタブ山チャシコツなどいくつかのチャシコツがあり、早くからその存在は知られている。しかし、漁場、あるいはシベツ方面とベツカヱ方面を結ぶ交通の要所としてのチャシコツの出現は新しく、江戸後期までは、南側のコヱトイの地名に代表されている。松浦武四郎「初航蝦夷日誌」に「チシユツ」と見える。同「廻浦日記」によれば、コヱトイとは別に「チシ子ナイといへる浜辺に出たり……此所本名はチヤシコツと云なる由。番屋一棟、板蔵六棟、雑蔵一、稲荷社、御制札一ケ所、井戸。土地宜敷由にて眉豆、芦肥、水晶管、呱?芋を作りたり。此処近年迄二十余軒有し由なるが、当時十三軒、人別六十九人有と聞り、然れども此節は皆鮭漁にてニシヘツへ引上られ居るよし也」と記される。この頃チヤシコツは漁場として住人が増加したものと思われ、安政3年の「根室旧貫誌」にも「此前浜鯡鮭鱒漁有之、夏中より番人漁方のもの居漁業したり候」と見える。住人の増加に伴い、当地域はコヱトイに代わってチヤシコツの地名で呼ばれるようになる。玉虫左太夫「入北記」では、コヱトイは見えず、「チヤシコツ村、土人家十六軒、人別九十五人」とある。「罕有日記」には「ホニコヱ、チヤシコツ夷家十七八軒」とあり、シベツとの間のホニオイ(ホニコイともいう)にもアイヌ人家があったと思われる。「ホニオイ番屋。追分有。左舎利山道。右十三丁の方シベツ」とあるように(知床日誌)、ホニオイは標津川沿いに斜里へ抜ける山道の入口でもあった。松浦武四郎「近世蝦夷人物志」には、踊りの上手なアフケサの妻ムリタエと、ノツケ番屋の伝蔵に畑作を勧めたラチヤシタヱキの2人のチヤシコツアイヌが書き上げられている。幕末に当地方が会津藩領になった時、ホニヲイに会津陣屋が設けられた。(蝦夷地御領分シヘツ表ホニオイ御陣屋造営日記)。慶応2年のアイヌ住人16軒・92人(加賀屋文書)。明治2年根室国野付郡に属す。同5年チャシコツ村の一部となる。

〔近代〕茶志骨村
明治5年〜大正12年の村名。野付郡のうち。江戸期のチヤシコツ・コヱトイなどからなる。成立時はチヤシコツ村、明治8年からは茶志骨村と表記。はじめ開拓使の管轄、同15年根室県、同19年からは北海道庁に所属。明治12年「野付標津目梨景況調」によれば、戸口は本籍23・109(うちアイヌ22・104)、寄留3・11。茶志骨川は当時恋問川と呼ばれていた。同24年の戸数29・人口166人うち男98・女68(徴発物件一覧)。同28年頃村民の3分の2は雇業で漁場に出、冬は伐木をしており、、漁業の産額は鰊搾粕335石・2037円、塩鱒361石・1365円、塩鮭608石・6378円を生産。同30年碓氷缶詰茶志骨工場が操業し、マス缶10万斤・サケ缶3万斤を年間に製造。同42年根室外四郡水産組合設立、同43年標津出張所設置。明治44年にサケ・マス天然繁殖のため伊茶仁川に監守人7人、請願巡査1人を置く。同年漁業権は鰊角網6・鰊引網3・雑魚角網10・雑魚引網3・鱒角網8・鮭角網9(根室要覧)。明治8年藤野漁場へ鍛冶職として渡道した金田万吉はのち漁業権をとり、長男弁次郎とともに公共事業、漁法の改良などに尽くした。弁次郎はまた不漁対策として畜産経営を奨励、仔馬を購入し、50余頭を飼育(標津町史)。同44年茶志骨に皆川牧場、ホンコイに藤野牧場、オコンバウスに阿部牧場、マクンベツに加須屋牧場があった(根室要覧)。大正2年以降は大正10・12年の大漁を除いて不漁の連続で、集落民はほとんど碓氷勝三郎漁場と金田弁次郎漁場で働き、冬は造材に従事、伐り出した原木を茶志骨川まで搬出、翌春流送して売ったという(標津町史)。大正8年標津同志産業組合が設立。同9年の世帯数33・人口189。同12年二級町村標津村の大字となる。 〔近代〕茶志骨村
大正12年〜昭和4年の標津村の大字名。地内には通称字として、ホニコイ・オコンバウス・チャシコツ(もしくはオンネチャシコツ)・ポンチャシコツ・コイトイ・ポンニタイ・マクンベツ・トーホロがあった(標津漁協資料・昭和4年根室殖民新聞5)。いずれもアイヌ地名で、ホニコイは「稚樹多き処」の意(北海道蝦夷語地名解)、コイトイは「波が破る」の意(北海道の地名)、ポンニタイは「小さい木の林」の意(標津町史)、マクンベツは「奥にある川」の意(地名アイヌ語小辞典)である。海岸地帯は浜茶志骨、原野の方は山茶志骨よ呼ばれた。大正12年の世帯数29・人口148、うち浜茶志骨は世帯数22。同年は豊漁であったが、その後ひどい不況が続く。同13年茶志骨原野への入植開始。昭和2年までに46世帯入植(茶志骨原野への入植者)。大正13年標津尋常小学校茶志骨原野特別教授場開校、児童数22。昭和2年徳橋琴馬が中標津からエアシャーの親子3頭を買ったのが乳牛をいれ始めである。同4年大字が廃され字茶志骨となる。

〔近代〕茶志骨
1 昭和4年〜現在の行政字名2 。はじめ標津村、昭和33年からは標津町の行政字名3 。同4 47年茶志骨生活改善センター設置。昭和7年の世帯数155・人口615うち茶志骨市街は40・230。昭和4年茶志骨漁業組合は野付の竜神崎まで漁業区域を広めようとしたが、野付漁業組合は反対し、翌5年組合合併で経営することとなる。同5 25年茶志骨側は東部漁協を設立、同6 28年標津漁協と合併。昭和21年一部が中標津村字茶志骨となる。同7 37年よりチカを養殖。同8 44年ホッケ刺網漁船第8多与丸のソ連監視船との衝突沈没事故が起こった。戦後ポンノウスに缶詰工場を新設、ホタテ貝・ホッキ貝の缶詰を作ったという(標津地区海岸地帯の企業)。昭和7年大凶作。同9 8年救済事業として道路開削。同10 年茶志骨集乳所設置。国営牧野が同11 24年廃止、解放され、牧場経営のために同12 34年共和畜産協同13 組合を設立したが、地域内の一部にパイロットファームが設けられたため、利用面積が狭くなり、運営困難で同14 組合は同15 39年に解散。昭和28年別海村春別地区に連続する改善地区の形で、「16 国営開拓パイロット事業春別地区」17 の開発計画が取り上げられ、春別地区は同18 44年、春別第2地区は同19 46年完成。昭和41年〜43年14戸が入植20 。その部落会は茶志骨パイロットと呼ばれた。同21 48年バルククーラー導入、タンクローリーでの集荷開始。佐々木牧場は昭和40年当時、生産乳量が根室管内第1位。世帯数・人口は、同22 40年124・630、同23 52年140・604。A昭和21年〜23年の中標津町の行政字名24 。昭和23年俵橋となる。
4.地図 工事中
5.参考文献 角川日本地名大辞典1北海道 上巻
標津町百科事典 / 標津地名の由来 /  /  /  /
標津町 (c) copyrights 2000, Town of Shibetu. All rights reserved.