1.地名 古多糠
2.読み コタヌカ
3.解説
古くはコタノカともいった。根室地方北部、古多糠川流域、東は根室海峡に面する。地名は、アイヌ語のコタノカ(村跡の意)に由来する(北海道蝦夷語地名解)。

〔近世〕コタヌカ
江戸期から見える地名。東蝦夷地、はじめアツケシ場所、のちキイタップ場所を経て、ネモロ場所のうち。「天保郷帳」では「ネモロ持場之内、コタヌカ」とある。飛騨屋久兵衛が場所経営を請負っていたときの「野作図全図」に地名が見え、運上屋の印が付いている。寛政元年の国後・目梨のアイヌの蜂起の際には、めなし領徒党の者の中に当地アイヌが書き上げられていないが(寛政蝦夷乱取調日記/庶民集成)、当地で番人5人が死亡しているので、漁番小屋があったと考えられる(蝦夷地一件/新北海道史7)。文化年間の「東蝦夷地各場所様子大概書」によれば、ネモロ場所内番屋10か所のうち1つが当地に置かれていた(新北海道史7)。文政7年には、鱒漁の時チウルイからコタヌカへ出張してきている(蝦夷地名考并里程記)。松浦武四郎「初航蝦夷日誌」に「コタヌカ、川有。巾7間。漁小屋、夷人小屋有る也」、同「知床日誌」に「コタヌカ、川、番屋、蔵1棟、いなり社。村所と云義。此所昔し人家有しが今サキムイへ引取てなし。漁事はコイトイ土人を連来り遣ふ」と見える。幕末には人家がなかったことがわかる。明治2年根室国目梨郡に属す。同5年忠類村の一部となる。

〔近代〕古多糠
昭和4年〜現在の行政字名。はじめ標津村、昭和33年からは標津町の行政字。もとは標津村大字忠類村の一部、古多糠。明治34年佐藤金蔵が牧場を始め、同42年大橋兵治が札幌牧場を始める。大正2年藤巻一治を団長とする越後団体が入植、続いて沢田常吉らの一行、同3年秋田団体4戸が入植。同年簡易教育所を設置。昭和5年古多糠基線に駅逓所設置。昭和6・7年の冷害凶作ののち、各地に集乳所が開設され、、当地は同9年から事業を開始。同13年古多糠北海道庁移住者世話所設置。同14年北古多糠小学校を新設、同15年拓北託児所設置。昭和元年標津までの拓北軌道が敷かれ、同10年忠類線として川北から椴山を通り古多糠まで新設。同28年廃止されてのちは開拓能動として整備。同29年忠類橋が架橋され、当時道東随一のものといわれた(標津町史)。昭和27年共済組合家畜診療所開設。同31年高度集約酪農地域に指定され、ジャージー種を導入。同37年上古多糠集乳所が設置されたが1年で閉鎖。同38年道営模範牧場設置。同40年乳牛1000頭を越え、生産乳は1万石に達した。当時古多糠には共同放牧地が5か所あった。同43年古多糠望洋台牧場完成。同年牛乳生産2万石達成。川北にクーラーステーションが建設され、古多糠の雪印集乳所は閉鎖。同49年農家全戸がバルククーラーを導入、タンクローリーによる完全集荷を実施(同前)。昭和8年沢田末吉がデンプン工場を設置。年産800袋産出。同9年木工場で機械製材を開始(同前)。同17年古多糠郵便局開局。同年ホロカクベツサワを探鉱。同25年別子鉱業の所有となる。同年日本鉱業が標津鉱山のの試掘権を設定し、同26年探鉱開始。昭和22年古多糠小学校に古多糠中学校併置。同33年北古多糠小学校は廃校移転して上古多糠小学校となる。昭和24年古多糠直営診療所設置。同年電化。同31年古多糠開拓診療所竣工。同32年川北−7号分岐−山古多糠間を阿寒バスが走る。同33年延長して川北−7号分岐−山古多糠−伊茶仁−根室標津間を走ったが利用者は少なく、ときどき運行が停止された。昭和37年熊害発生、役場内に熊害対策本部を設置。同39年古多糠開拓婦人ホーム建設。同42年根室標津−伊茶仁−古多糠中央−上古多糠小学校間の2往復が始まる。世帯数・人口は昭和7年94・295、同40年173・816、同52年115・493。昭和34年ホタテガイの稚貝を字伊茶仁、薫別とともに古多糠沖にも放流。同41年簡易養魚池完成。サケの捕獲数(尾)は昭和31年12、同40年105、同55年1万1795。採卵数(粒)は昭和31年1万5700、同40年13万4500、同55年2753。放流数(尾)は同41年50万、同55年270万、カラフトマスは昭和46年105万9000尾放流(標津漁協資料)。
4.地図 工事中
5.参考文献 角川日本地名大辞典1北海道 上巻
標津町百科事典 / 標津地名の由来 /  /  /  /
標津町 (c) copyrights 2000, Town of Shibetu. All rights reserved.