1.地名 薫別
2.読み クンベツ
3.解説

 古くはクンネベツといった。根室地方北部、薫別川流域、東は根室海峡に面する。地名は、アイヌ語のクンネペツ(黒川の意)に由来する。黒川と呼ばれたのは砂鉄があるから(初航蝦夷日誌)、濁流だったから(北海道志)、魚が黒かったから(北海道蝦夷語地名解)と諸説あるが、現在の川水は澄んでいる。

〔近世〕クンネベツ
 江戸期から見える地名。東蝦夷地、はじめアツケシ場所、のちキイタップ場所を経て、ネモロ場所のうち。「天保郷帳」では「ネモロ持場之内、クンネベツ」とある。飛騨屋久兵衛が場所経営を請負っていたときの「野作図全図」に地名が見える。寛政元年の国後・目梨のアイヌ蜂起の際には、当地からアイヌ3人が加わっており(寛政蝦夷乱取調日記/
庶民集成)、また、当地で番人5人が死亡しているので、漁番屋があったと考えられる。(蝦夷地一件/新北海道史7)。文化年間の「東蝦夷地各場所大概書」によれば、ネモロ場所内番屋10か所のうちの一つが当地に置かれていた(新北海道史7)。文政7年には、鱒漁の時チウルイから当地へ出張してきている(蝦夷地名考?里程記)。薫別神社に保管されている鰐口に「奉納 願主クン子ベツ 鯉右衛門 三五郎 善七 文政十丁亥年」と刻まれている。松浦武四郎「初航蝦夷日誌」に「クン子ベツ、川有……漁小屋、夷人小屋有。漁多しと」、同「廻浦日記」に「クン子ベツ、小川有て番屋並土人小屋有。此処も昔十七軒有しが今十二軒有。人別四拾人有とかや」と見える。産物は鱒・鮭が中心(根室旧貴誌)。玉虫左太夫「入北記」では、アイヌ住人10軒・39人。松浦武四郎「戊午日誌」によれば、番屋・板倉6・稲荷社のほか、制札・井戸・標柱があり、アイヌ住居が10軒あるが若いものはノツケ・ネモロに出稼ぎに出ている。また薫別川を少しのぼったラルマニウシナイにもアイヌ住居が一軒あり、さらに上流のウエンコロマフに温泉(現薫別温泉)があった。根室側と斜里側を結ぶ交通路は摩周越えが中心であったが、冬は不便であったため、武四郎はクンネベツと斜里側のヲンネベツを結ぶ山道の開削見込書を奉行書に提出している(燼心余赤)。しかし、実現はせず。明治2年根室国目梨郡に属す。同5年薫別村の一部となる。

〔近代〕薫別村
 明治5年〜大正12年の村名。目梨郡のうち。江戸期のクンネベツ・サキムイなどからなる。成立時はクン子ベツ村、明治8年からは薫別村と表記。はじめ開拓使の管轄、同15年からは根室県、同19年からは北海道庁に所属。明治9年地内の一部が崎無異村として分離。同12年の戸口は本籍9戸・38人、寄留9戸・59人(野付標津目梨景況調)。明治9年頃より移住者が多く、同13〜16年まで鮭が豊漁であった(殖民状況報文根室国)。明治期に中国貿易が始まるとホタテ貝漁は重要なものとなった(標津町史)。明治24年の戸数317・人口119うち男56・女63(徴発物件一覧)。同年薫別郵便局設立。明治26年日蓮宗薫別説教所、薫別巡査派出所が設立。当時の漁場は根室市外居住者の所有で当地の住民はその漁場で働き、冬は材木・薪を伐採した。当地はトドマツ・エゾマツが多く角材として根室港に移出した。同28年の水産製品は鰊搾粕2,375石・13,300円、拾鰊搾粕21石・92円、塩鱒1石・4円、塩鮭232石・2,162円。明治25年薫別ほか3か村の村医として前田昌甫の就任発令(標津町史)。大正3〜11年まで4人の医師が赴任し、昭和8年以降は医師不在。明治36年駅逓所設置。同44年の戸口40・169、鰊角網6・雑魚角網2・雑魚引網1・鱒角網3・鮭角網2。牧場は薫別に小林牧場、シリトイウスに天杉牧場・西方牧場があった(根室要覧)。明治末期頃、根室運輸合名会社が定期航路を4線運行、根室羅臼線は別海−標津−薫別−春刈古丹−羅臼に至るもので、4月は1回、5〜11月は3回運航、冬は休航。大正期まで続く(根室千島実業家名鑑)。明治25年に開かれた私塾は同30年薫別尋常小学校となる。大正元年の児童数は男26・女18。明治27年羅臼局ができ昭和8年まで薫別〜羅臼間を逓送した。その間、逓送夫が3度殉職(標津町史)。大正5年忠類村・薫別村・崎無異村で忠類外二村漁業組合を設立、大正9年の世帯数51・人口214。同12年根室鮭鱒養殖水産組合によって薫別ふ化場設置。同年2級町村標津村の大字となる。

〔近代〕薫別村
大正12年〜昭和4年の標津村の大字名。大正12年の世帯数49・人口252、大正末期地内のサケ漁場は2か所、マスは4か所、ニシンは5か所あった(標津町史)。昭和4年大字が廃され、字薫別となる。

〔近代〕
昭和4年〜現在の行政字名。はじめ標津村、昭和33年からは標津町の行政字。薫別川でのサケの捕獲量(尾)は、昭和31年4003、同55年1万1365、放流数(尾)は昭和31年738万3020、同55年400万。サクラマスの放流数(尾)は昭和34年1万6300、同47年9万6000。カラフトマスの捕獲数(尾)は、昭和31年4、放流数(尾)は2万550、同46年185万。同54年から薫別川をのぼるサケが多くのマスコミで宣伝されて、観光客が増加。忠類外二村漁業組合は昭和7年薫別漁業組合と改称、同23年解散。同24年薫別漁協が設立されたが、同27年解散、標津漁協に加入。同29年よりホタテ貝、同37年よりワカメの養殖を開始。薫別漁港の改修工事を同42年着工。薫別漁港における登録漁船は同52年80隻、計246t。漁獲物陸揚量(沿岸漁業)は昭和41年624t、同52年1127t(標津漁協資料)。昭和32年鯨が群来して小学校、中学校は漁繁休業を行った(標津町史)。昭和初期国有地無償貸付の共同放牧地が2か所あった。同22年薫別森林愛護組合結成。薫別中学校は同年標津中学校の分校として開校され、同27年本校となる。世帯数・人口は、昭和7年46・251、同40年56・256、同52年54・199。

4.地図 工事中
5.参考文献 角川日本地名大辞典1北海道 上巻
標津町百科事典 / 標津地名の由来 /  /  /  /
標津町 (c) copyrights 2000, Town of Shibetu. All rights reserved.