災害時の連絡手段

救助や緊急連絡など、重要通信確保のために

  • 災害が発生した直後は、不要不急の電話をかけない。
  • 安否確認は、「災害用伝言ダイヤル(171)サービス」災害用伝言板サービス」や通信の混雑の影響を受けにくい「携帯電話などの電子メール」を利用する。
 地震、台風等により災害が発生すると、家族などの関係者安否確認のため一斉に電話をかけるため、通信が集中し混雑(幅そう)が発生し、電話がつながりにくくなります。
 電話はしばらく時間をおいてからかけましょう。用件は手短に済ませる心掛けが大切です。
 日頃からいざという時に備えて、家族・知人同士で安否確認のための連絡方法を決めておきましよう。
内容につきましては、以下の資料よりご覧ください。
このページの情報に関するお問い合わせ先
標津町TEL:0153-82-2131