ひとり親家庭等医療費助成(所得制限あり)

対象者

  • 標津町に住所を有するひとり親家庭等の18歳までの子ども(学生など父母に扶養されている場合は20歳まで)とその父母
  • 対象者の生計を維持する方の所得が規定の金額(下表参照)を超えていない方
(1~7月は前々年、8~12月は前年の所得を参照します)
扶養親族等の人数所得額
0人2,360,000円
1人2,740,000円
2人3,120,000円
3人3,500,000円
4人3,880,000円
5人4,260,000円

助成の内容

助成の対象となるのは、子どもの入院・通院、父母の入院に係る医療費です。これに加えて町独自に母親の通院(釧路根室管内に限る)についても助成の対象としています。
年齢区分/課税非課税世帯助成の内容
3歳未満及び
町道民税非課税世帯
医療費の初診時一部負担を除く全額を助成
3歳以上で町道民税課税世帯医療費の1割が自己負担となり、加入する健康保険での本来の負担割合との差額を助成

医療費負担額が超えた場合

1ヶ月の助成対象者に係る医療費負担額が次の金額を超えた場合は、その超えた額を助成します。
外来のみ18,000円(個人ごと)
入院含む57,600円(世帯合算)
  • 初診時一部負担・・・ 医科:580円  歯科:510円  柔道整復:270円
  • 課税・非課税は、4~7月は前年度、8~3月は当年度の状況で判定されます
  • 入院時の食事療養費、保険外負担(健康診断、予防接種、室料差額、病衣代、文書料など)
は助成の対象になりません

助成の方法

北海道内の医療機関であれば、受給者証を提示することによりその場で助成を受けることができます。ただし、母親の通院については標津町独自の助成制度であるため、医療機関等窓口での助成を受けられない場合があります。

申請に必要なもの

  1. 医療機関等で発行した領収書
  2. 印鑑
  3. 振込先口座のわかるもの(預金通帳など)
  4. 個人番号通知カード、またはマイナンバーカード

その他必要な届出

次のような場合には届出が必要です
  • 婚姻したとき、事実婚の状態となったとき
  • 転出するとき
  • 加入する健康保険が変わったとき
  • 住所、氏名等が変わったとき
  • 生活保護を受給するようになったとき
  • 死亡したとき
  • 受給者証を紛失したとき
  • 加入する健康保険から付加給付や高額療養費の給付を受けたとき
このページの情報に関するお問い合わせ先
標津町 保健福祉センターTEL:0153-82-1515